top of page
  • 執筆者の写真川口建

「白虎隊と天誅(忠)組の志を今問う」の講演会

10月25日、の講演会に参加させて頂いた。講演者は草村克彦氏(天誅(忠)組記念館館長)と笠井尚氏(白虎隊研究者・作家)、笠井氏は会津から来られての講演です。

白虎隊、天誅組共に幕末・維新で薩摩・長州を中心にした政争激動の中、「朝敵」とされ翻弄された志士達であり、国を思う熱い心は同じであること、又それぞれ決起、結成された背景となる歴史がよく理解出来ました。

会場は大和高田市の専立寺。主催者のあとりえ草風様、ありがとうございました。










閲覧数:26回0件のコメント

Comments


bottom of page