top of page
  • 執筆者の写真川口建

五代友厚展・図録(15) 半田銀山


a15-1半田銀山
.pdf
ダウンロード:PDF • 323KB

地元、桑折町のパンフレットを中心に展示。

五代は奈良県の天和銅山を皮切りに、備前の和気銅山、播磨の大立鉱山を手中に収め、また鉱山統括会社「弘成館」を設立。その過程で半田銀山の採掘もおこなうようになる。半田銀山は、石見銀山(島根県)生野銀山(兵庫県)と並ぶ三大銀山の一つでもある。

五代はわずか1年ほどの間に「鉱山王」としてその名を轟かせた。


閲覧数:108回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page