top of page
  • 執筆者の写真川口建

長﨑出島 in長崎

更新日:2020年7月31日

もとは、ポルトガル人をこの地に収容するために築造され、1636年に完成した。その後オランダ人、イギリス人などがこの地で多くの貿易をし、又西洋の情報が長崎~日本に入り重要な役割をはたしていた。幕末・明治に入り外国人居留地に編入され、更に栄えた。

現在の出島はこれを再現したものであり、歴史を学ぶ上では貴重な建物、展示物が多い。

当日は大勢の修学旅行生が来場して、各々の課題勉強に走り回っていたのが印象的でした。







閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page