top of page
  • 執筆者の写真川口建

奈良県の五代友厚と豊子ゆかりの地巡り in天川村

更新日:2020年7月23日

奈良県の五代友厚と豊子ゆかりの地巡り。2日目は天川村・天和鉱山へ。

天和鉱山は五代が26箇所の鉱山を手掛けたが、中でも最初に手掛けた鉱山。

最初に「てんかわ天和の里」(廃校の旧和田小学校が拠点)で天和鉱山歴史保存会の森さんと合流。天和山の鉱山抗口迄、約1時間の登山。天和銅山跡は山の奥深いところに抗口があり、当時の工夫たちの過酷な労働環境が想像できる。(良くこんな所で!)当時五代は小学校へ多額の献金もし地元への援助も特筆される。尚、明治末頃に和田村の永豊寺建造にあたり五代龍作氏が五代友厚に代わり9尺と、8尺の円柱を寄進している。

下山後はアユ、アマゴをほう張り、登山疲れも吹っ飛びました。





















閲覧数:48回
bottom of page