top of page
  • 執筆者の写真川口建

川口居留地跡 in大阪市西区川口

居留地26区画が外国人に競売され、大阪居留地の歴史が始まり、明治32年に撤廃された。五代は自治管理窓口、要望交渉等を行った。この地域は異国情緒豊かな雰囲気をかもし、ユーカリとゴムと柳5~600本の街路樹、舗装した車道、広いベランダ付きの異人館、ランプの街灯、教会の礼拝の鐘の響きなどが外国に行った錯覚になったようです。 碑の銅板の絵を見ると、当時の雰囲気が伺える。当時の建物では川口基督教会が今も残っている。

また、五代は治安維持を図る為松島遊廓の設置をはかった。






閲覧数:78回0件のコメント

Comments


bottom of page